fc2ブログ

∞と一緒に

2021年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2022年01月

再スタート

8BEATの申し込み受付が始まりました。
友達と日程のことでやりとりするのも、久しぶりの感覚。
約2年ぶりのライブ。
心配なのは体力です。
2時間思いっきり楽しめる体力は自分にあるのか?

そこで、再スタートしました。
ここのところサボりがちだったテレビ体操。

たった10分間だけど、これが侮れない。
きちんと身体を動かせば、普段の生活では使わない筋肉を使うことができます。
仕事で7~8時間動き回っているけど、労働=運動ではないようで。
あんなに立ちっぱなしで、重い物運んでいるのに、運動とはみなされないなんて

先月からは、お風呂上りのストレッチも始めました。
娘が勧めてくれたYouTubeを見ながら、世界一硬いであろう身体をストレッチしています。
「今からでも遅くないよ!」
「やっているあなたはエライ!」
画面越しに先生が励ましてくれるので、頑張っています(笑)


エイトのおかげで、身体も心も健やかでいられそう。
ありがたいことです。




スポンサーサイト



日々のこと | Comments(0) | Trackbacks(-)

ワクワク、ソワソワそしてドキドキ

本当は22日に投稿したかったんだけど、今日になってしまいました。

関ジャニ∞17周年おめでとうの日に、大倉くんは公式Twitter開設。
そして、グループからはアリーナツアーの発表。

5人でのステージはまだ見れてないから、なんとしででも行きたい!
でも、アリーナだと激戦間違いなし。
クリスマスに当たる幕張なんて、倍率高そう。
日帰りコースしか考えられないから、今発表されている会場だと、横アリか幕張だなぁ。

行きたい!行きたい!行きたい!
横アリに合わせて美容院も予約済み。
気が早いけど(笑)
でも、こういうワクワク感って、すごく久しぶりなんだもの。
申し込みして、当落までソワソワして、当落発表の日はドキドキで。

動き出してくれて、ありがとう。
また頑張れそうです。




∞のこと | Comments(0) | Trackbacks(-)

菅波先生とハグ

9月に入りました。
8月は短かかった…いや毎月同じこと言ってる気がするけど(笑)



さてさて、モネと菅波先生の関係に進展がありました。

コインランドリーのシーンは、毎回私のお気に入りなのですが
3日は神回でした

「あなたに会いに来た」と洗濯物を持たずに訪れた菅波先生。

「登米の診療所に専任したい」という菅波先生と
先生のことを応援したいけど、目の前からいなくなることがイヤと思うモネ。
何となく気づいていたけど、ここで自分の気持ちがハッキリわかったのでしょう。
モネが先生の手にそっと触れたときの「どうしたの?」
モネのことを大切に思う気持ちが詰まった、とても優しい声でした。
私の頭の中で「どうしたの?」がエンドレスで流れています。(今も)

そして、ここで菅波先生のハグーーー

朝ドラでこんなに胸キュンしたことありますか?ってくらいの
素敵なシーンでした。

菅波先生、きっと登米に行っちゃうんだろうな。
そうすると、出番減るよな
来週からの展開がすごく気になります。




映画『鳩の撃退法』

久しぶりに映画を観てきました。

「この男が書いた小説を見破れるか。」というキャッチコピーに惹かれた
藤原竜也さん主演の『鳩の撃退法』

あらすじも何も全く知らない状態で臨みました。
私的には、多分それが正解。

頭をフル回転させないと「?」だらけになってしまうストーリー。
え?待って待って!の連続。
今のは事実なの?フィクションなの?って絶えず考えさせられてしまう。
バラバラだったエピソードが、後半一気に繋がるシーンは鳥肌モノでした。

観た人と語り合いたい!っていう気持ちが強くなる作品でした。

ラストシーンは、解釈の仕方は人それぞれなような気がするけど
私は、あれが本当であってほしい。



うーん、もう1回観ちゃう?




菅波先生の沼

朝ドラにハマっています。

清原果耶ちゃんが好きで見始めた、このドラマ。
「気象予報士を目指す女の子」っていう設定も、ありそうでない感じがいい。

坂口健太郎演じる菅波先生は、一風変わった人というのが第一印象でした。
どんな風にヒロインの百音と関わっていくんだろう、と不思議に思ったのを覚えています。

それが、回を重ねるにつれ、菅波先生のかわいらしさが垣間見えるようになって。
すごく不器用で、自分の気持ちを素直に表現するのが下手で。
「もう~~~、菅波先生ったら~~~」
って、ニヤニヤしてしまうシーンだらけです。

百音と菅波先生の関係は、よくある恋愛ドラマのようなものではなくて。
でも、そこがまたいい。
じれったく感じるけど、急展開は求めない。
二人が信頼しあって、寄り添う関係がずっと続いていってほしいと願っています。


すっかり、菅波先生の沼にハマりました。
「おかえりモネ」が終わったら、絶対「菅波先生ロス」になると思って
今から最終回が怖いです